漢方薬・鍼灸・ホメオパシー・ホモトキシコロジー・組織細胞療法・フラワーレメディ・波動療法・アニマルコミュニケーション

プレマ動物ナチュラルクリニック
自己治癒力を高めて病気を予防・治療する動物病院
   
 当クリニックでは、1999年の開院以来、化学薬品だけに頼らず、様々な自然薬でコンパニオン・アニマルのもつ自己治癒力を活性化させて、病気の予防や治療を行っています。また、メンタルケアにも力を入れています。
  

ご挨拶
 
治療方針 診療時間

電話カウンセリング
 スタッフ紹介

動画   ■ブログ  アクセス

診察のお申し込みはこちらから

アニマルコミュニケーション、
ソウルコミュニケーションの
お申し込みはこちら
から



お問い合わせ(当クリニックでの各種ケアを希望される方)

 
元気で長生きする(老化を遅らせる)ための漢方サプリメントを試してみませんか? 詳しくはこちら


各疾患に対する自然療法のご紹介
自然療法はすべての疾患に対して有効ですが、その中でも当クリニックで特に高い治療効果を上げている疾患をご紹介します。 

 
猫の慢性腎臓病

 犬の慢性腎臓病

 猫の肝臓病

 犬の肝臓病

 猫の心臓病

 犬の心臓病

 慢性膵炎

 がん

 てんかん

  認知症

 気管虚脱

 犬の尿失禁

 アレルギー性皮膚炎

 膀胱炎

 犬の難治性の下痢

 犬の顔面神経麻痺

 椎間板ヘルニア


各種自然療法の解説
 ・漢方薬と中薬
 ・ホモトキシコロジー
 ・ホメオパシー
 ・組織細胞療法
 ・鍼灸とバイオパンクチャー
 ・丸山ワクチン
 ・プラセンタ注射


メンタルケアのご紹介
 フラワーレメディ
 ・アニマル・コミュニケーション
 ・ソウル・コミュニケーション



体験談
 
身体の治療
 アニマル・コミュニケーショ




お知らせ

新しいお知らせはこちらから⇒

○診察中のお電話への対応について

当クリニックには専任の受付担当者がおらず、獣医師1名で診察していることが多い為、診察中はお電話に出ることができません。

お手数をおかけ致しますが、診察や電話カウンセリングのご予約やお問い合わせにつきましては、以下のフォームからお願い致します。

診察やコミュニケーションのご予約

電話カウンセリングのご案内

お問い合わせ(当クリニックでの治療を希望される方)


○犬と猫の腎臓病の早期発見の為の新たな血液検査として、SDMAという項目を当クリニックで検査できるようになりました。

SDMAを検査に取り入れることで、従来の検査と比較して、数カ月から数年も早く慢性腎臓病(CKD)を発見することが可能になります。

これに合わせて、2018年からは、BUNやCreはまだ基準値の範囲内であるが、SDMAのみが上昇している状態のワンちゃんに対して、腎臓病の進行を抑制する当クリニック独自の漢方薬を処方させていただいておりますので、治療をご希望の方はご連絡下さい。(遠方の方も可) 実際の治療例はこちら



コンパニオン・アニマル健康まめ知識

 食の重要性
 
 遺伝的な問題

 コンパニオン・アニマルも母乳不足は深刻

 心と体のバランスの重要性

 なぜ問題行動を起こす子が増えているの?

 震災とコンパニオン・アニマル




 
クリニック外観



靴を脱いでくつろげる待合室


   

このページのトップへ