ホーム>丸山ワクチン
丸山ワクチン

丸山ワクチンとは?

丸山ワクチン(まるやまワクチン、英: Specific Substance Maruyama, SSM)は、日本医科大学皮膚科教授だった丸山千里博士(1901-1991)が開発したがん免疫療法剤です。

無色透明の皮下注射液で、主成分は、ヒト型結核菌から抽出されたリポアラビノマンナンという多糖体と核酸、脂質です。.

1944年、丸山によって皮膚結核の治療のために開発され、その後、肺結核、ハンセン病の治療にも用いられました。1970年代には、末期のがん患者に効果があるとの世評が高まるが、医学界主流は「水みたいに薄いので、毒にも薬にもならない」と批判的でした。

1976年11月に、ゼリア新薬工業から厚生省に「抗悪性腫瘍剤」としての承認申請を行いましたが、1981年8月に厚生省が不承認としました。ただし、「無効と断定するものではない」とし、異例の有償治験薬として患者に供給することを認め、現在に至ります。2015年12月末までに、39万9787人のがん患者が丸山ワクチンを使用しています。

丸山ワクチンオフィシャルサイト:http://vaccine.nms.ac.jp/index.html


丸山ワクチンの働き

丸山ワクチンは免疫※の働きを調節することによって、間接的にガンの増殖、浸潤、転移を阻みます。すなわち、リンパ球やマクロファージ(生体内の異物をたべてしまう細胞)、ナチュラルキラー細胞(リンパ球の一種で直接ガン細胞を殺す細胞)などが活性化し、様々なサイトカイン(生理活性物質、例えばインターフェロン)が誘導されることによってガンにとって環境が悪化し、ガンは自滅していくわけです。

もう一つ大きな作用としては、コラーゲン(体内の細胞と細胞の間を埋める結合組織)の増殖作用があります。ワクチンの注射によって、多量のコラーゲンがガン細胞の周囲に作られ、ガンを封じ込めてしまいます。同時に、ガンの栄養補給路もコラーゲンが遮断してしまい、ガンの増殖、転移を阻止します。 

※免疫:
人体には侵入してくる細菌やウィルス、ガン細胞など、体に不利益をもたらすものを処理しようとする防衛能力が備わっています。この防衛システムを免疫といいます。しかし、ガン細胞はリンパ球が「敵」と見破るためのきわだった抗原を持たず、監視網をくぐりぬけて増殖しまます。


当クリニックでは各種ガン、FIV・FeLV・FIPなどのウイルス性疾患に効果を上げています。


    このページのトップへ
ホームへ