トップページ>ガンに対する自然療法
ガンに対する自然療法

治療には、ホメオパシーホモトキシコロジー、漢方薬、丸山ワクチン、ルペオールなどを数種類組み合わせて使用します。

各種ガンを外科的に切除してから再発防止の為に自然療法を行う場合は長期生存もかなり期待できます。

治療実績としましては、

犬:乳腺腫瘍、脾臓の血管肉腫、皮膚の肥満細胞腫、副腎の褐色細胞腫、口腔内メラノーマ、骨肉腫、腎臓癌など

猫:乳腺腫瘍、鼻腔内リンパ腫、消化器型リンパ腫など

外科的切除後の自然療法による長期生存例

犬 12歳 脾臓の血管肉腫
2011年に脾臓を全摘、以降2016年現在まで5年以上再発なし。

犬 7歳 皮膚の肥満細胞腫
2009年に外科的切除、以降2016年現在まで7年以上再発なし。

犬 9歳 後肢の骨肉腫
2014年5月に断脚後、2016年7月まで2年2ヶ月生存。(断脚のみだと平均的な生存期間は
5ヶ月ほどです。)

犬 11歳 副腎の褐色細胞腫
2014年8月に腹腔内で破裂して緊急手術後、2016年4月現在も再発なし。


ガンを切除せずに自然療法で治療するケースもあります。

犬:肝臓癌、膀胱癌、リンパ腫

猫:乳腺腫瘍、リンパ腫

自然療法のみによる長期生存例

犬 10歳 皮膚の肥満細胞腫
2011年に発症したが治療により消失、以降現在まで5年以上再発なし。

猫 15歳 乳腺腫瘍
2008年に発症したが治療により一旦消失、現在は小さなしこりはあるが肺転移などもなく7年以上元気に生存。


丸山ワクチンとルペオールは皮下注射ですので通院が必要ですが、ほかの自然薬は在宅治療が可能です。治療をご希望の方は、お気軽に当クリックまでご連絡下さい。




このページの先頭へ

トップページへ