ホーム>猫の慢性腎臓病に対する自然療法
猫の慢性腎臓病に対する自然療法

治療には、主にホモトキシコロジーのお薬を数種類組み合わせて使用し、場合によっては、ホメオパシー漢方薬も使います。
ホモトキシコロジー製剤による治療の臨床的な検証・根拠につきましては、実地試験が複数行われており、その有効性が確認されています。
また、必要に応じて、皮下補液やリン吸着剤、処方食、増血剤などの従来の治療も併用します。

ホモトキシコロジーによる治療例

猫 6歳
      治療前    治療後
   BUN 113.9  →   47.1
   Cre   4.7  →    3.5
このネコちゃんは、皮下補液を併用しています。


猫 14歳  
      治療前    治療後
   BUN  43.4  →   28.3
   Cre   2.7   →    1.9
このネコちゃんはホモトキシコロジーによる治療以外、皮下補液などの西洋医学的治療は何もしておられません。(経験的に、BUNが50を、Creが5を超える場合は、皮下補液を併用されたほうが良いです。)


猫 18歳
      治療前    治療後
   BUN  56.8  →   45.6
   Cre   3.0  →    2.7
このネコちゃんもホモトキシコロジーによる治療以外、皮下補液もしていません。皮下補液を併用すればもっと数値は下がると思いますが、今の状態で元気食欲共にあり体重も維持できているので保護者の方とご相談に上、ネコちゃんのストレスを考慮して、今のところ皮下補液は行っておりません。
2年半このような状態を維持できており、治療後の値は最新のものです。現在、腎臓用の処方食と高齢猫用のフードを混ぜて食べておられます。


猫 20歳
      治療前    治療後
   BUN  102.0  →   42.3
   Cre    4.7  →    3.2
このネコちゃんは2014年に当クリニックでの治療を開始して、2018年現在で4年ほどになりますが、元気に暮らされておられます。



お住まいの近くの動物病院で、血液検査や点滴などの従来の西洋医学的な治療をしてもらって、自然療法の部分のみを当クリニックで行っておられる患者様もたくさんおられます。

日本全国の患者様に対応可能です。治療をご希望の方は、お気軽に当クリックまでご連絡下さい。



このページの先頭へ

ホームへ