ホームアニマル・コミュニケーション> 料金とお申し込み方法
 アニマル・コミュニケーションの料金とお申し込み方法
 



○コンパニオン・アニマルと保護者の方がご一緒に、もしくは、保護者の方のみがコンパニオン・アニマルのお写真をご持参して、ご来院いただき、コミュニケーションを行ないます。(お電話によるカウンセリングは行なっておりません。)

○担当のアニマル・コミュニケーション・カウンセラーは羽尾理恵子先生です。理恵子先生のプロフィール


料 金

パートナーアニマルと一緒にご来院される場合
※下記のすべてのコースのお時間の中には、パートナー・アニマルが落ち着くまでのお時間、保護者の方からお話をお聞きするお時間も含みます。

  
A)スペシャル・コース:1回1頭につき80分:20,000円(税別)
とにかく、じっくり、ゆっくり、日頃のこの子の言いたいこと、悩みなどを聞いてみたい、また、病気や問題となるような行動などがあり、そうしたことと、その子の言いたいこと、伝えたいことなどを、ゆっくりと時間をかけてコミュニケーションし、カウンセリングをさせて頂くコースです。
「とにかく、総合的にこの子と向き合って、話を聞きたい、伝えたい」という方にお薦めの従来のスタンダードであったコースです。(ご質問されたいことの目安の数:約5,6個程度)
  
B)スタンダード・コース:1回1頭につき60分:15,000円(税別)
はじめての方や、特に問題は今のところないけれど、日頃、コンパニオン・アニマルが何を思い、どうしたいのか、また、日頃、保護者の方が思っているその子の性格も、本人の性格や考え方が実際には、あっている場合もあれば、微妙に違っている・・・というケースもあります。そういったことを、再認識し、絆をより太くしていくために、その子の目線や考え方を知るきっかけを・・・そういう方にお薦めのコースとなります。(ご質問されたいことの目安の数:約3,4個程度)

C)ショート・コース:1回1頭につき40分:10,000円(税別)
とにかく、「このことだけが気になっているので知りたい!」や、とりあえず今、悩みはないけれど、言いたいことがあれば、言ってほしい!という、ピン・ポイントでのコミュニケーションのご希望の方に、最適のコースとなります。お時間もお金もあまりかけられないという方や、複数いるので、1頭ずつとなると、手軽な料金で聞けるコースがあれば・・・そう思っていた方にも、お薦めのコースとなります。
どちらかというと、何度かコミュニケーションをご継続頂いている方や、今、お悩みのあまりない場合にお薦めとなります。(ご質問されたいことの目安の数:約1,2個程度)

D)クイック・コース:1回1頭につき20分:5,000円(税別)
(※初めての方、および過去にコミュニケーションを受けられて2ヶ月以上経過している方はお受けできません。これらに該当する場合は、一度上記のAからCもしくはお写真での50分・70分コースを受けられてからご利用下さい。)
<過去2ヶ月以内に上記のAからCもしくはお写真での50分・70分コースを受けられた方で、今後1ヵ月以内の間隔で、5回以上診察もしくはコミュニケーション以外のご来院のメニューを併せてご継続される方のみご利用いただけます。>
主に、現在お体の治療を受けられているパートナー・アニマルに対し、「現在の体調(本人の自覚の範囲内で)」「精神的な悩みがあるか」「自宅で行なっている治療に対しての希望や逆にしてほしくないことは何か」「生活上の改善してほしい点」などについて、長くかかる病気の治療によってかかっているストレスを少しでも軽減できるように、質問や確認を行なうコースです。

お喜びの声:18歳の猫の男の子の保護者です。今かかっている子も、歳に勝てず昨年からプレマさんで腎臓ケアの治療をしています。実は昨年他界した16歳だった女の子もプレマさんにかかっていて、自宅での点滴や治療をしながら、月に1度、診察と一緒にコミュニケーションを受けていました。
もし、彼女に何も聞かないまま、治療だけを続けていたら、彼女なりに傷ついたことや言いたかった事、また、私自身が伝えたかったことが伝わらないまま旅立たせていたと思います。

プレマさんで健一先生にお薬の処方と診察をお願いする際に、その前に「短時間でいいので、毎月お話しが聞けるようにお願いしたのですが、この子が治療をしていく中で感じている気持ちの継続的なケアをお願いできませんか?」とご相談したところ、もともとのコースではなく、短時間のコースを作って頂くことができました。お陰様で、旅立つ直前まで、彼女の希望をできる範囲で叶えてあげることができました。今の男の子も毎月お世話になっています。

この子は、何度も危ない時期を乗り越えて来ているのですが、それも理恵子先生に彼の性格的なところや、なぜそんな行動をするのかなどを聞いてみて頂いていく中で、解決や改善のヒントに繋げていくことができています。

病気の子たちのQOLを上げるには、気持ちを知って対応してあげることがこんなに重要なことなのかと実感させられています。当面はまだ彼がお世話になるかと思いますが、よろしくお願いします。

※質問数の目安は、質問内容により異なります。内容が本人にとって、シンプルなものであれば、あまり時間はかかりませんが、理由や話が長くなるものの場合もありますので、あくまで目安です。
※延長の場合は、10分につき税別2,500円が加算されます。
※次の方の予約が入っている場合など、時間の延長が出来ない場合があります。あらかじめご了承下さい。



②コンパニオン・アニマルのお写真をご持参頂き、保護者の方のみがご来院される場合
1回1頭につき
<スタンダード・コース>70分:20,000円(税別)
<ショート・コース>50分:15,000円(税別)
<クイック・コース>15分:5,000円(税別)

コンパニオン・アニマルが移動のストレスがある場合や、病気などで移動ができない場合、あるいは他の場所に行くこと自体がストレスになる場合などに、保護者の方のみでお越し頂いて、その子の声をお伝えしながらカウンセリングを行う形になります。

その子がその場にいなくても、保護者の方にその子の声をお伝えする形でも、問題となっていた行動が解決されたり、落ち着きを取り戻したり、落ち込んでいた子が明るくなったりした事例も多数あります。そうした子にお薦めのメニューとなります。

保護者の方のカウンセリングにも、その子がいない部分で、その子が場に落ち着くお時間は頂かなくても大丈夫ですが、保護者の方に、その子の気持ちをご理解頂くのに、ご同伴時よりもお時間を頂くことがあるため、上記の70分がスタンダード・コースとなっております。あらかじめ、ご了承下さい。

なお、15分のクイック・コースについては、上記①のコンパニオン・アニマルとご同伴のコースの中のショート・コースと同じ形になります。過去2ヶ月以内にショート・コース以上のお時間のコミュニケーションを受けた方で、診察のご相談やお薬のご継続のために、毎月ご継続して以降5回以上お越し頂くご予定の方のみのご対応となります。

補足事項:お写真のみご持参の場合で、2頭以上のアニマル・コミュニケーションをご希望の場合は、最大同じ日に3頭までお話をお聴きすることができます。ただし、料金は1頭ずつかかりますので、  あらかじめご了承下さい。

※ご質問の目安としては、スタンダードコースで、5,6個、クイック・コースで3,4個となります。
※延長の場合は、10分につき税込2,500円(税別)が加算されます。
※次の方の予約が入っている場合など、時間の延長が出来ない場合があります。あらかじめご了承下さい。



ご予約
メールかお電話(045-912-1346)にてご予約下さい。
(理恵子先生は、メンタルケア以外の業務や外部対応のお仕事も行なっているため、在院している日や時間帯が日によって違っています。そのため、クリニックに不在の場合もよくあるので、メールでお問い合わせ頂くほうが確実かと思います。)

ただし、携帯電話からメールをお送りいただく場合、こちらから返信させていただいた時に、受信不可でそのまま戻ってきてしまうケースが頻発しております。
中には お名前(フルネームが)も書かれていない、ご連絡先のお電話番号も書かれていないものもあり、何度も送信していただいてもこちらからご返信ができず、困ってしまうケースもございます。

携帯からお問い合わせやご予約のご連絡を入れていただく場合は、必ず、お問い合わせいただいた方のお名前(フルネームでお願いします。難しいお名前の場合は、読み仮名もつけて下さい。)

日中ご連絡のつくお電話番号、他にも使用しているアドレスがある場合はそのアドレス、 問診票とご案内文書のご送付方法(メールか郵送かのどちらかのご希望をお知らせ下さい。

ご相談内容を簡単に(以下の例をご参考に)お書き下さい。

例:「我が家のトイプードル(名前:アレックス・7歳・男の子(去勢済み))が半年前に引越しをしてから、家族に噛みつこうとしたり、他の犬へも極度に威嚇をすることが頻発しています。何か理由があるのか聞いてみたいので、アニマル・コミュニケーションを希望しています。」 など

上記のような形でお問い合わせ頂き、お返事させていただく際に、こちらから専用の問診票をメールか郵送でお送りしますので、必要事項をご記入の上、ご予約が確定しましたら、その日の10日前から4日前までにこちらに問診票が届くようにご返送下さい。

なお、アニマル・コミュニケーションのご予約が出来る曜日は、月曜から金曜の午前11:00から午後2:00までと、土曜日の午前11:00から午後3:00までの間とさせていただいております。(特に土曜日をご希望の方は、ご継続の方のご希望が多いため、ご予約が取りにくくなっております。土曜日をご希望の場合は、余裕を持って頂いて、ご予約のご連絡をお願い申し上げます。どうしてもご希望の月中に・・・ということがあられる場合は、お日にちによっては日曜日の午前中がご予約可能なところもございますので、あらかじめ<ご相談いただいて、どうしても近日での土曜のご予約が取れない場合に限ります。>ご相談下さい。)


お支払い
当日、コミュニケーション終了後にお支払下さい。


日時の変更について
※お客様のご都合による予約日時の変更は、予約日前日の午後5時までに(予約日前日が日曜祝日 の場合は2日前の午後5時までに)、1回に限りお電話でのご連絡のみお受け致します。(ご予約4日前を過ぎてのメールでのキャンセルはお受けできません。4日前以前であれば、メールでもキャンセルが可能です。ただし、2日経過してもこちらからキャンセルについてのご了解の返信が無い場合、こちらでメールの確認ができていない場合があります。その場合、お手数ですが必ずお電話を入れて頂けますよう、お願い申し上げます。メール不達の場合もキャンセル料金が発生してしまう場合がございますので、必ずこちらからのお返事が無い場合は、お電話でご確認をお願い申し上げます。)

※2回目以降はいかなる場合でもキャンセル扱いとなり、100%のキャンセル料が発生します。

※予約日前日の午後5時以降(予約日前日が日曜祝日の場合は2日前の午後5時以降)、予約日当日のご変更は出来ません。その場合、当日キャンセル扱いとなり、100%のキャンセル料が発生します。


キャンセル料について
1.予約日前日の午後5時まで (ご予約日4日前まではメールでも結構です。ただし、上記の通り、こちらからキャンセルについてのご了解メールが届かない場合は、必ずお電話でのご確認をお願い申し上げます。ご予約日の3日前以降はお電話のみでご連絡をお願い申し上げます。)⇒ キャンセル料はかかりません。
2.予約日前日の午後5時以降、予約日当日、および無連絡の場合 ⇒ 100%のキャンセル料が発生します。


キャンセル料金のお支払について
1週間以内に、指定の銀行口座に振込み下さい。


当日ご持参していただくもの
○ペットとご一緒にお越しになられる場合
その子との関係性などを聞いてみたいご同居のご家族(人でも動物でも構いません)のお写真を何枚かずつ。(できるだけ最近のもの<3ヶ月以内>があれば。なければ多少古いお写真でも構いません。)複数いる場合は、なるべくお一人や1頭ずつ写っているもののほうがより繋がりやすいですが、そちらもなければ何人か(何頭か)で写っているものでも、そのご本人がどの人(どの子)かを裏に明記して頂ければ大丈夫です。

○保護者の方のみでお越しになられる場合
①カウンセリングを受けられるペットご自身のお写真を複数。
②その子との関係性などを聞いてみたいご同居のご家族(ご同居であれば人でも動物でも構い ません) のお写真を何枚かずつ。  

お写真はいずれもプリントアウトして来て頂いたものがあるほうが集中しやすいですが、プリンターが無い、壊れているなどの理由のある方もよくいらっしゃいます。その場合は、携帯やデジカメに入っている画像でもコンタクトが可能です。どうしてもご用意が難しい場合は、画像の状態でお持ち頂いても結構です。


留意点
●小型犬・中型犬・猫(大型種を除く)・小動物で生後1年以上経過していること、大型犬、大型種の猫の場合、2歳以上になっていること。その他の動物の場合、お体の成長が止まり、大人になっていることをご確認下さい。

幼い子の場合、質問内容に関してまだ明確に自分の意志伝達ができない場合がございますため、上記年齢、および状態に達していることをご確認の上、お申し込み下さい。ただし、成長期の子の場合でも、しっかりと自分の意思や希望を伝えたり、こちらの意図をしっかり把握できる子もいますので、上記年齢に達していない子の場合でも、どうしてもお聞きになりたいことやお伝えしたいことがあられる場合は、先にお申し込み時にお写真を添えて、お問い合わせ下さい。
コミュニケーションが可能であるか、あるいはもう少し先のほうがよいのかをお伝えし、ご案内させて頂きます。


●動物の種類は特に問いません。当クリニックでは、お体の診察に関しましては、犬・猫が主体ですが、メンタル・ケアに関しましては、特に種別による制限は設けておりません。
これまで行なった犬猫以外の種は、ハムスター、ねずみ、シマリス、フェレット、ケナガイタチ、シルバー・フォックス、うさぎ、鳥(インコ<中型・小型>)などです。特に、フェレットさん、ケナガイタチさんは、毎月(特に何もなくても)お越しいただいているご家族様もいらっしゃいます。
犬・猫以外の小動物さんの場合でも、メンタル・ケアをサポートしてあげるだけで、とても行動や心の持ち方が変わってくるということが言える一例であると言えると思います。ぜひ、種別にかかわらず、コミュニケーションにご関心のある方はご相談いただければと思います。

●コミュニケーション中は、録音、ビデオ撮影、写真撮影は、ペットの落ち着きの妨げになることがありますので、一律、御遠慮頂いております。メモはお取り頂いて結構です。

●ご来院は同居ご家族内で(ご夫妻・親子・ご兄弟(ご姉妹)など)か、(他人であってもご同居の友人・恋人などで、ペット本人が信頼している方のご同席は構いません)いずれも、お申込者を含めて1~4名までとさせて頂きます。
また、通常、他人様がご同席されますと、どれだけその子と親しくしていても、コンパニオン・アニマルが、その方の反応を気にしてお話しがしにくくなることもございます。
できましたら、ご家族様以外の方のご参加は特別な事情がない限りはお控え下さい。
また、あまり多人数で来られる場合も、コンパニオン・アニマルのの集中が持続しにくくなることがございますので、予めご了承下さい。(基本的には、1~3名ほどであればこれまでも問題なくカウンセリングをさせていただいております。)
ただし、その子本人がご来院にならないお写真ご持参の場合や、ソウル・コミュニケーションの場合は、コンパニオン・アニマルと関係性が良好なご同居のご家族様であれば、特にご人数の上限はございません。ただし、あまり多人数(5人以上)でのご来院は、カウンセリング場所のスペースの都合上ご同席が難しい場合がございますので、大変申し訳ございませんが、事前にご相談下さい。

●ご同居のご家族であっても、小学生未満のお子さんのご同席は、原則的にお避け願います。(コミュニケーションの間は、お静かに願うことが多いため、1時間ないし90分前後の間、お子さんにじっと静かにしてくださいということは、ストレスにもなることですので、コミュニケーションの間、大変申し訳ございませんが、ご同伴はお避け下さい。コミュニケーションの間、他の方が外に連れ出していただけるなどであれば、ご一緒にお越し頂いても構いません。沈黙が保てない場合は大変申し訳ございませんが、コミュニケーション中のご同席はご遠慮下さい。)
※ただし、上記年齢未満であっても、パートナー・アニマルご本人が子供さんの同席を特に希望される場合(仲良しで一緒にいないと落ち着かないなどの場合)は、この限りではございません。
ただしそうした場合、パートナー・アニマルが遊びモードになってしまい、保護者様が望む質問やご伝言に対し、返答されないこともございますので、その旨、あらかじめご了承下さい。

●よく話す子と無口な子とがおられます。あまり話さない子でも数回コミュニケーションを続ければ、少しずつ自分の感情が表に出せるようになる子もいますので、初回のコミュニケーションは特に、その子のペースでのお話をお話しの量にかかわらず、受容的に受け止めてあげて下さい。(その子がお話しがあまりうまくできない場合でも、口下手でもいいんだ・・・)とコンパニオン・アニマルご本人が思うと、本来の自分を表現しやすくなるため、回を追うごとに、徐々にお話しするボリュームも増えていくことはよくあります。焦らず、ありのままを受け止めてあげて下さい。)

●コミュニケーションを受けられる場合は、受容的なお気持ちでご同席下さい。コミュニケーション自体に対して、ネガティブ(否定的)な感情があると、動物は純粋な分、対話に影響 することがありますので、保護者の方ができる限り受容的にリラックスしてご同席下さい。

現在、病気があって病院にかかられている場合は、治療内容に関わらず、治療履歴や検査結果などのコピーもあれば、ご一緒にお送り下さい。(場合によっては、コミュニケーションだけでなく、診察もお勧めすることがございます。コミュニケーションで訴える体調については、あくまで本人の主観であることもあるため、ご不安のある場合は、診察・健康診断などとの併用をお勧め致します。)

●脳の神経障害、またはある程度進行した状態の認知症状がある場合は、会話の受け渡しが困難になることがございます。その場合は、コンパニオン・アニマルが感じていることのみを解説させていただく形になる場合があります。<双方間のお話しが難しい場合、コンパニオン・アニマルの今感じていることなどは、解説させて頂くことができますが、質問や伝言などはできないことがあります。あらかじめご了承下さい。>

●ご家族とのコミュニケーションがご家族として完全に樹立していない場合(外で面倒を見ている犬や猫など)は、アニマル・コミュニケーション・カウンセリングが成立しないこともございます。あらかじめご了承ください。

●行方不明のコンパニオン・アニマルの捜索や安否確認は、コミュニケーターのエネルギー的消耗が大きいことと、言葉のやりとりの中だけでは、位置の特定が難しいこともあり、大変申し訳ございませんが、一切お受けしておりません。
 このページの先頭へ
ホームへ