ホーム>アレルギー性皮膚炎に対する自然療法
アレルギー性皮膚炎に対する自然療法

アレルギーには大きく分けて、ダニや花粉などの環境中の物質に反応して痒みが起こるアレルギー (いわゆるアトピー性皮膚炎)と食物アレルギーの2種があります。

食物アレルギーの場合、アレルゲンの含まれない食事を与えることにより、症状が改善します。

アトピー性皮膚炎の場合は、アレルゲンとの接触を極力さけることが大切です。

当クリニックでの自然療法では、漢方薬、腸内環境を整えるサプリメント、ホモトキシコロジーなどを併用する方法で、アトピー性皮膚炎を発症している70パーセントのワンちゃんで痒みの軽減効果が認められています。

痒みがひどい場合、一時的にアポキルやステロイドなどの化学薬品の痒み止めを併用していただいても問題ありません。

痒みが落ち着いてくれば、化学薬品の量や投与回数を減らしたり、止めたりすることが可能です。

治療をご希望の方はお気軽にご連絡下さい。




このページの先頭へ

ホームへ