トップページ>腫瘍統合医療科
腫瘍統合医療科

当クリニックの腫瘍統合医療科では、科学的な近代西洋医学のみならず、伝統医学や補完・代替医療を組み合わせて用いることにより、腫瘍の根本的な治癒を目指します。

例えば、一般の動物病院(大学などの二次診療の動物病院も含む)で、検査してリンパ腫と診断がついたとしましょう。そこで、腫瘍専門医に「うちの子はなぜリンパ腫になったのでしょうか?原因は何でしょうか?」と質問してみて下さい。「それは分かりません。」あるいは「年のせいですかね。」といった答えが返ってくるのではないでしょうか。もちろん、老齢動物がみんなリンパ腫になるわけではありませんね。

そして、リンパ腫の原因は分からないまま、抗がん剤を使って治療していきます。上手くいけば、2年ほど寛解するかもしれません。しかし、完治はしません。なぜなら、根本的な原因にアプローチしていないからです。

この、根本的な原因になっているものを、5つの病因論をもとに掘り下げて調べていくというのが、当クリニックの腫瘍統合医療科で最初に行うことになります。


診療の流れ

1.近代西洋医学的な検査、抗がん剤、外科手術は、主治医の元で行って下さい。

2.気の流れを調べる
当クリニックでは、東洋医学的な気(生体エネルギー・電磁波の性質をもつ)の流れを事前に調べて、5つの病因論に照らし合わせ、腫瘍の原因を推測していきます。

5つの病因論とは?
@金属汚染(カドミウム、水銀、鉛など)
A電磁波(家電、携帯電話、送電線、水脈や断層から)
B潜在感染(ウイルス、細菌、カビ、寄生虫など)
C化学物質(食品添加物、農薬、界面活性剤など)
D精神的なストレス

ほとんどの慢性疾患は、@からDのいくつかの複数の要因が絡み合って発生しています。

3.解毒や殺菌など、必要な治療を行います。(例えば、猫のリンパ腫の原因が、FeLVウイルスの細胞内非産生性感染(通常の血液検査では陰性になる)と農薬、そして電磁波の3つだった場合、それぞれの原因を除去することで完治に繋がります。)


治療実績

犬:乳腺腫瘍、血管肉腫、皮膚の肥満細胞腫、胃内の肥満細胞腫(稀な腫瘍)、副腎の褐色細胞腫、口腔内メラノーマ、骨肉腫、腎臓癌、口腔内の上皮向性リンパ腫(稀な腫瘍)など

猫:乳腺腫瘍、鼻腔内リンパ腫、消化器型リンパ腫、縦隔型リンパ腫など

外科的切除後の自然療法による長期生存例

犬 12歳 脾臓の血管肉腫
2011年に脾臓を全摘、以降2016年現在まで5年以上再発なし。

犬 7歳 皮膚の肥満細胞腫
2009年に外科的切除、以降2016年現在まで7年以上再発なし。

犬 9歳 後肢の骨肉腫
2014年5月に断脚後、2016年7月まで2年2ヶ月生存。(断脚のみだと平均的な生存期間は
5ヶ月ほどです。)

犬 11歳 副腎の褐色細胞腫
2014年8月に腹腔内で破裂して緊急手術後、2016年4月現在も再発なし。


ガンを切除せずに自然療法で治療するケースもあります。

犬:肝臓癌、膀胱癌、リンパ腫

猫:乳腺腫瘍、リンパ腫

自然療法のみによる長期生存例

犬 10歳 皮膚の肥満細胞腫
2011年に発症したが治療により消失、以降現在まで5年以上再発なし。

猫 15歳 乳腺腫瘍
2008年に発症したが治療により一旦消失、現在は小さなしこりはあるが肺転移などもなく7年以上元気に生存。


お住まいの近くの動物病院で、血液検査や点滴などの従来の西洋医学的な治療をしてもらって、自然療法の部分のみを当クリニックで行っておられる患者様もたくさんおられます。

治療をご希望の方は下記よりご予約の上、ご来院下さい。

また、ご遠方であったり、ご愛犬やご愛猫が通院を極端に嫌がったり、体調が悪すぎて動かせないなど、何らかのご事情で直接ご来院できない場合は、お電話でも対応可能(通常の電話カウンセリングとは料金が異なります)です。その後、ホモトキシコロジーなど必要なものをお送りさせていただきます。

お申し込みはこちらから



このページの先頭へ

トップページへ